仙台駅と仙台空港結ぶエアポートリムジン、仙台バス撤退で6月から減便 | FlyTeam ニュース

仙台駅と仙台空港結ぶエアポートリムジン、仙台バス撤退で6月から減便

仙台バスとタケヤ交通が共同運行する「エアポートリムジンバス」は2020年6月1日(月)から、減便します。新型コロナウイルスの影響で利用者数が減少していることから、仙台バスの運行が休止するためです。

仙台駅と仙台空港を結ぶ「エアポートリムジンバス」は、通常1日9往復便を運行しており、このうち仙台バスが1日3往復便、タケヤ交通が1日6往復便を運行しています。6月1日(月)からは仙台バスの運行がなくなるため、通常1日6往復便となりますが、新型肺炎の影響により、現在は減便した特別ダイヤで運航しています。

このバスは予約制ではないため、満員となった場合は次の便に乗車することになります。運賃は、大人が660円、子供は330円で、回数券は5枚つづりで3,000円です。バス車内と本社営業所、仙台駅東口バス案内所で販売しています。

期日: 2020/06/01から
メニューを開く