AEI、元JTAの737-400を貨物機に改修 アエルカリブ向け | FlyTeam ニュース

AEI、元JTAの737-400を貨物機に改修 アエルカリブ向け

ニュース画像 1枚目:アエルカリブ イメージ
アエルカリブ イメージ

エアロノーティカル・エンジニアリング(AEI)は2020年5月、コロンビアを拠点とするアエルカリブと737-400旅客機の貨物機改修を契約しました。

改修される737-400は、製造番号(msn)「24130」で、機体番号(レジ)は「HK-5357」です。1990年2月に初飛行した機齢30年で、1998年から2010年まで、日本トランスオーシャン航空(JTA)で使用された機材です。

改修は、アラバマ州のドーサンにある施設で実施されます。この機材は、AEIがアエルカリブ向けに貨物機へ改修する2機目となります。

メニューを開く