JALの地域プロモーション活動、6月は機内誌などで高知の魅力を紹介 | FlyTeam ニュース

JALの地域プロモーション活動、6月は機内誌などで高知の魅力を紹介

ニュース画像 1枚目:機内ビデオ「ニッポン 歩いて再発見!」 イメージ
機内ビデオ「ニッポン 歩いて再発見!」 イメージ

日本航空(JAL)は地域活性化を目指す「新JAPAN PROJECT」の地域プロモーション活動で、2020年6月は高知を特集します。

機内誌「SKYWARD」6月号の日本語記事では、ゆずの全国シェア約5割を占める高知県中芸地域で、林業からゆず栽培へと転換した歴史やゆずの持つ魅力を発信する人々の思い、英語記事では、高知城の近くにある地域に密着したふたつのマーケットで、活気ある地域の人々との触れ合いを通して感じた魅力を紹介します。

また、機内ビデオ番組「ニッポン 歩いて新発見!」では、高知県で世界的な画家の世界に浸れる庭園や、神秘の洞窟などを特集、まるでその場所を旅しているような感覚で楽しめます。

さらに、JALカード会員誌・国際線ファーストクラス機内誌「AGORA」6月号では、今なお手つかずの自然が残された高知県の四万十川で獲れる天然鮎の塩焼きを紹介するほか、WEBマガジン「OnTrip JAL」では、JALスタッフがさまざまな耳寄り情報をお届けする「JAL STAFF VOICE」で、捕鯨の歴史や癒される温泉宿、美味しいお菓子など、高知県東部エリアの魅力を特集します。

期日: 2020/06/01 〜 2020/06/30
メニューを開く