ANA、7月国際線も9割減 モスクワ・イスタンブールは開設時期未定に

ANA、7月国際線も9割減 モスクワ・イスタンブールは開設時期未定に

ニュース画像 1枚目:ANA 787-9
ANA 787-9

全日空(ANA)は、2020年7月末までの国際線の運航計画を変更し、運休・減便計画を発表しました。6月9日(火)時点で発表された7月の運休・減便は73路線の計4,938便です。

当初の運航計画便数は5,461便であるため、7月も90%減での運航となります。これによると、計画通りの運航を実施する路線は、成田/ロサンゼルス線と成田/シカゴ線の各週7往復便です。

7月に開設を予定していた、羽田発着のイスタンブール、モスクワ線は延期し、開設時期を未定としたほか、当初3月29日(日)から就航開始を予定していた、羽田/青島線、羽田/シドニー線のNH889、NH890便、羽田/ロサンゼルス線のNH126、NH125便、羽田/サンフランシスコ線、羽田/サンノゼ線の就航開始を8月1日(木)に延期しています。

6月運航分で追加で減便する対象は羽田/マニラ線の1路線です。計画では週7往復でしたが、月、水、金の週3往復に減便され、一部日程でマニラ発のみの運航に変更し、計9便が減便となっています。これにより、6月の減便は71路線、4,704便で、計画便数5,177便に対し、90%減となります。

■7月の運休・減便路線
<アジア・オセアニア路線>
瀋陽、北京、大連、青島、武漢、成都、上海、
杭州、厦門、広州、深圳、香港、
台北(桃園・松山)、ソウル(金浦)、シドニー、
パース、デリー、ムンバイ、チェンナイ、
バンコク、ハノイ、ホーチミン、プノンペン、
ヤンゴン、クアラルンプール、シンガポール、
ジャカルタ、マニラ
<北米・太平洋路線>
ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンノゼ、
シアトル、ワシントンD.C.、ニューヨーク、
ヒューストン、シカゴ、バンクーバー、
メキシコシティ、ホノルル
<ヨーロッパ路線>
ロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン、
デュッセルドルフ、ブリュッセル、ウィーン、
ストックホルム、ミラノ、イスタンブール、
モスクワ、ウラジオストク
期日: 2020/07/31まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く