アメリカン航空、ラガーディア空港の新到着・出発ロビーを利用開始 | FlyTeam ニュース

アメリカン航空、ラガーディア空港の新到着・出発ロビーを利用開始

ニュース画像 1枚目:新たなチェックインエリア
新たなチェックインエリア

アメリカン航空は2020年6月13日(土)、ニューヨーク・ラガーディア空港のターミナルBで新たにオープンする到着・出発ロビーの利用を開始します。

アメリカン航空の主要な施設となる新ロビーは、チェックインエリアから保安検査場まで直感的な流れを作り出しオペレーションを一元化、効率的で快適な体験を提供します。また、手荷物引取所では「I love NY」のモニュメントを設置し、ニューヨークの雰囲気で到着客を歓迎します。

2018年12月にオープンした新たな東コンコースの搭乗口40から59に歩道橋を通じてアクセスできるほか、新エリアでチェックインを済ませた搭乗者は、多くのフライトが運航されるセントラル・ターミナルビルの搭乗口B、C、Dへも仮設の歩道を介して接続できます。

これは、地上アクセスの改善、誘導路の増設などを含めた空港再開発プロジェクトの一環で、82億ドルをかけた再開発計画は2022年に完成を予定しています。

期日: 2020/06/13から
メニューを開く