伊丹空港、立駐と駅を結ぶアクセスデッキと長距離バス待合室の供用開始

伊丹空港、立駐と駅を結ぶアクセスデッキと長距離バス待合室の供用開始

ニュース画像 1枚目:北立体駐車場・モノレール駅舎直結のアクセスデッキ
北立体駐車場・モノレール駅舎直結のアクセスデッキ

関西エアポートグループは2020年6月26日(金)から、伊丹空港利用者の利便性を向上させるため、第1北立体駐車場3階とモノレール駅舎をつなぐアクセスデッキの供用を開始しました。また、7月1日(水)からは長距離バス待合室がオープンします。

北立体駐車場アクセスデッキは、雨の日でも濡れることなく行き来できます。大阪モノレールの始発から最終まで利用できますが、大阪モノレールの営業時間外は通り抜けできません。また、第1北立体駐車場3階には、インターネットで予約できる「予約駐車場」があり、事前に予約しておくとさらに利便性が向上します。

長距離バス待合室は、伊丹空港を発着する11路線の長距離バスの利用に便利です。待合室では無料Wi-Fiが利用でき、長距離バスの時刻表やフライトインフォメーション、交通情報などを表示する案内サイネージを設置するほか、8月からはドリンクやアイスクリーム、フードなどの自動販売機が5台設置される予定です。開館時間は5時30分から22時までです。

期日: 2020/06/26から
メニューを開く