ミュンヘン空港、第1ターミナルを再オープン 運航便数の増加で

ミュンヘン空港、第1ターミナルを再オープン 運航便数の増加で

ニュース画像 1枚目:ミュンヘン空港ターミナル1
ミュンヘン空港ターミナル1

ドイツのミュンヘン・フランツヨーゼフシュトラウス空港は新型コロナウイルス(COVID-19)により一時閉鎖していた第1ターミナルを2020年7月8日(水)から再オープンします。

同日から営業を開始するのは、ターミナルエリア「C、D、E」です。ターミナルが閉鎖される前に第1ターミナルを使用していた航空会社のほとんどは7月8日(水)から第1ターミナルを使用しますが、ユーロウイングス、カタール航空、トゥイフライ、サンエクスプレス、ペガサス・エアラインズは当面の間、ターミナル2を継続して使用し、チェックインエリアは中央エリア「Z」となります。

ミュンヘン空港では現在1日約200便が離発着しており、搭乗者数は1日約1万人を記録しています。7月には、ルフトハンザドイツ航空、ユナイテッド航空、エミレーツ航空、エティハド航空などが長距離路線の運航再開を予定するなど、1日250便以上の発着が見込まれています。

期日: 2020/07/08から
この記事に関連するニュース
メニューを開く