JAL、羽田国内線で世界初の自動運転車いすを活用したサービスを開始 | FlyTeam ニュース

JAL、羽田国内線で世界初の自動運転車いすを活用したサービスを開始

ニュース画像 1枚目:JALが導入した自動運転車いすサービス
JALが導入した自動運転車いすサービス

日本航空(JAL)、日本空港ビルデング、近距離用のモビリティを開発・販売するWHILLは、2020年7月1日(水)から、羽田空港で世界初の自動運転車いすサービスの提供を開始しました。このサービスは、シームレスかつスムーズで快適な空港「JAL SMART AIRPORT」を目指すJALの取り組みの一環です。

この自動運転車いすサービスは、国内線第1ターミナル南ウイングの保安検査場B通過後に設けられた待機場所「WHILL Station」を起点に、3番搭乗口から7番搭乗口間で提供されます。対象搭乗口の利用者ならだれでも利用でき、自動運転車いすは待機場所から利用する搭乗口まで搭乗者を案内後、自動運転で待機場所まで返却されます。

車いす利用時に空港係員との接触が回避されることから、このサービスは、新たな生活様式への対応や新型コロナウイルスの感染リスク低減にも寄与します。

3社は今後、羽田空港国内線第1ターミナル全域へのサービス展開を目指します。また、JALとWHILLは、自宅から空港、そして目的地までをシームレスに結びつける新たな移動体験の創出に向け、これからも連携してチャレンジを続ける方針です。

期日: 2020/07/01から
メニューを開く