KLM、リヤドに新規就航 中東路線を拡大 | FlyTeam ニュース

KLM、リヤドに新規就航 中東路線を拡大

ニュース画像 1枚目:KLMオランダ航空 787-9
KLMオランダ航空 787-9

KLMオランダ航空は2020年9月28日(月)、リヤドを新たな就航地として追加し、湾岸諸国の就航地を7都市に拡大します。これに伴い、中東湾岸諸国への路線網一部調整します。

新たに就航するリヤド線は、アムステルダム発が月、火、木、土の週4便です。アムステルダム/リヤド/ダンマン/アムステルダムの順に三角運航します。従来の就航地、ダンマンを経由して運航します。

このほか、マスカット線は8月3日(月)からアブダビ経由で運航します。アムステルダム発は月、木、土の週3便です。9月23日(水)から、クウェート経由のバーレーン線も再開します。アムステルダム発は火、木、土の週3便の運航です。

なお、中東の就航地の1つ、ドバイ線のスケジュールは変更なく、デイリー直行便の運航を継続します。

期日: 2020/09/28から
メニューを開く