成田空港、第三者割当増資で約300億円を調達 | FlyTeam ニュース

成田空港、第三者割当増資で約300億円を調達

成田国際空港(NAA)は2020年7月22日(水)、総額およそ300億円の第三者割当増資を実施したと発表しました。新株の割当先は国土交通大臣で、発行株式数は394,736株、1株あたり76,000円です。これにより、増資後の資本金は1,197億3,680万円、資本準備金は622億6,313万6,000円となります。

増資した資金は今後、NAAがすでに公表済みの機能強化を中心に、空港整備事業に投資されます。増資後の国土交通大臣が所有する株式は91.66%の2,194,994株、財務大臣が8.34%の199,742株です。

期日: 2020/07/22
メニューを開く