RAFポセイドンMRA.1、北海で国境警備隊の作戦支援 | FlyTeam ニュース

RAFポセイドンMRA.1、北海で国境警備隊の作戦支援

ニュース画像 1枚目:ポセイドン機内での目視
ポセイドン機内での目視

イギリス空軍(RAF)のポセイドンMRA.1が2020年8月13日(木)朝、キンロス空軍基地から離陸し、北海で国境警備隊の作戦を支援しました。これは、国防省による内務省への支援パッケージの一部です。

ポセイドンMRA.1は国境付近の船舶を探索し、状況を伝えることで国境警備隊が適切な行動をとることができます。これに先立ち8月10日(月)には、A400Mによる初めての国境警備隊への支援が行われ、船舶情報を提供しました。

今後、数週間に渡りポセイドンMRA.1は、シャドーR1と共に国境警備隊に対して必要不可欠な支援を提供します。シャドーR1はビーチクラフト・キングエア350CERを基に開発した情報収集機で、電子光学センサーと赤外線センサーを装備しています。

期日: 2020/08/13から
メニューを開く