JAL、アバター式「非対面」案内サービス実証実験 | FlyTeam ニュース

JAL、アバター式「非対面」案内サービス実証実験

ニュース画像 1枚目:リモート対話 イメージ
リモート対話 イメージ

日本航空(JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、2020年9月14日(月)から9月25日(金)まで、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を羽田空港で実施します。コロナ禍で重視される「非接触」「非対面」でも高品質な接客の実現を目的とした実験です。

場所は、第1旅客ターミナルビル内のJAL国内線搭乗口と、航空券予約・購入・発券カウンターの一部です。ディスプレイを計4台設置し、表示されたアバターを通して、別の場所に待機している係員が利用者に案内します。

この案内サービスは、アバターが係員の表情を認識し反映するため、接客を受ける利用者は対面に近い感覚で案内を受けられる特徴があります。JALとパナソニックは、アバターの動作や搭乗順パネルの提示などを組み合わせ、非対面でも分かりやすい案内をめざします。

メニューを開く