ブルーインパルス創設60周年記念切手、追加販売 | FlyTeam ニュース

ブルーインパルス創設60周年記念切手、追加販売

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス創設60周年記念切手
ブルーインパルス創設60周年記念切手

日本郵便東北支社は2020年9月25日(金)から、オリジナルフレーム切手「ブルーインパルス創設60周年記念」を追加販売します。これに合わせ、取り扱い郵便局も拡大します。

オリジナルフレーム切手「ブルーインパルス創設60周年記念」は、創設60周年を迎えた航空自衛隊松島基地の「ブルーインパルス」をテーマにした切手で、8月17日(月)から宮城県の計67局で取り扱いました。

今回の追加販売では、新たに青森中央郵便局、盛岡中央郵便局、仙台中央郵便局、秋田中央郵便局、山形中央郵便局、郡山郵便局、福島中央郵便局など、東北各県の中央郵便局を加え、計74局で取り扱います。

販売するオリジナルフレーム切手のデザインに変更はありません。60周年を祝い、現行機のT-4だけでなく、浜松広報館エアーパーク前に飾られているブルーインパルス発足時のF-86F、2代目機種のT-2の編隊飛行、さらにF-86FとT-2の並ぶ写真が選定されています。

期日: 2020/09/25から
関連記事
メニューを開く