日本郵便、オリジナルフレーム切手「陸自中部方面隊」 2種類販売 | FlyTeam ニュース

日本郵便、オリジナルフレーム切手「陸自中部方面隊」 2種類販売

ニュース画像 1枚目:陸上自衛隊 中部方面隊 創隊60周年記念(青空)
陸上自衛隊 中部方面隊 創隊60周年記念(青空)

日本郵便近畿支社は2020年9月23日(水)から、オリジナルフレーム切手「陸上自衛隊 中部方面隊(夕陽)」と「陸上自衛隊 中部方面隊(青空)」の2種類を販売します。中部方面隊の創隊60周年を記念して作成された切手です。84円切手10枚で、1セット1,330円で販売されます。

中部方面隊は、伊丹市の伊丹駐屯地に置かれ、東海、北陸、近畿、中国、四国の防衛警備や災害派遣を担任しています。切手シートのデザインは、2種類とも配備するヘリコプターを含め、中部方面隊の装備品の写真が採用されています。

「陸上自衛隊 中部方面隊(夕陽)」が、CH-47JA輸送ヘリコプター、AH-1S攻撃ヘリコプター、16式機動戦闘車、74式戦車、軽装甲機動車、87式偵察警戒車、NBC偵察車など、「陸上自衛隊 中部方面隊(青空)」が、CH-47JA輸送ヘリコプター、AH-1S攻撃ヘリコプター、94式水際地雷敷設装置、16式機動戦闘車、軽装甲機動車、03式中距離地対空誘導弾、155ミリ榴弾砲FH70などを採用しています。

販売部数は各2,500シートで滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、広島県、鳥取県、岡山県、山口県、愛知県、三重県、岐阜県、福井県、石川県、富山県の一部郵便局、計367局限定で販売されます。なお、9月25日(金)0時15分から日本郵便のウェブサイト内の「郵便局のネットショップ」でも販売されます。

期日: 2020/09/23から
メニューを開く