ANA、Googleフライトで予約サービス開始 | FlyTeam ニュース

ANA、Googleフライトで予約サービス開始

ニュース画像 1枚目:「Googleで予約」サービスイメージ
「Googleで予約」サービスイメージ

全日空(ANA)は2020年9月24日(木)、Googleが提供する航空券を比較検索できる機能「Google フライト」で、「Googleで予約」のサービスを開始しました。これまで「Googleフライト」でANAの航空券を予約する場合、希望の日程や目的地を入力して検索した後、ANA公式サイトに移動して予約・購入手続きが必要でした。今回のサービス開始で、ANA公式サイトへ遷移することなく、「Googleフライト」画面上で予約・購入ができるようになりました。このサービスは、国際線航空券が対象です。

Googleフライトは、ANA予約サイトやコールセンターで受け付けていた事前座席指定サービスにも対応しています。また、Googleアカウントにログインすると、購入手続き時に登録済み氏名、連絡先などを自動で表示し、Google Payにクレジットカードを登録していると、決済情報も自動表示されます。これにより、検索、予約、決済の手続きがスムーズに完結します。

ANAは今回、自社開発のニュー・ディストリビューション・ケイパビリティ(New Distribution Capability:NDC)プラットフォームを活用した予約サービスを実現しました。NDCは、国際航空運送協会(IATA)が定めた航空券、その付帯サービスの情報を配信する規格で、外部提携先のシステムとANA予約システムを直結できます。これにより機内サービス、シート、機内への持込手荷物の個数やサイズなど、さまざまな情報を提携先と連携できます。

メニューを開く