セントレア、デルタA330-900飛来 10月17日はデッキ6時開場 | FlyTeam ニュース

セントレア、デルタA330-900飛来 10月17日はデッキ6時開場

ニュース画像 1枚目:デルタ航空 A330-900neo
デルタ航空 A330-900neo

中部国際空港(セントレア)は2020年10月17日(土)、デルタ航空が導入した新型機A330-900neoの飛来にあわせ、スカイデッキを朝6時に開場します。通常は7時開場ですが、1時間早く入場できるようにします。当該機の到着時刻は6時予定で、運航状況によっては到着が開場時刻より早まる可能性もあります。

飛来するデルタ航空のA330-900neoは、成田空港のテクニカル・オペレーション・センターで使用前整備を実施する前、セントレアに一時的に駐機します。セントレアへの飛来は、10月17日(土)に加え、10月20日(火)、10月30日(金)の計3回を予定しています。駐機期間は最大で1カ月ほどの予定です。いずれもトゥールーズから飛来する予定です。

この飛来を受け、セントレアとデルタ航空は共同でフォトコンテストを開催します。10月13日(火)から11月30日(月)23時59分まで、セントレアで撮影したデルタ航空の写真を募集します。Facebook、Instagram、Twitterのソーシャルメディアで、ハッシュタグ「#セントレアでデルタ航空」を付けて投稿すると、応募完了です。写真はA330-900neo以外、過去に撮影されたデルタ航空が映る作品でも可能です。抽選で3名にセントレア、またはデルタ航空オリジナルグッズなどが贈られます。

期日: 2020/10/17
関連記事
メニューを開く