ハワイ州、日本発旅行者に陰性証明書提示で自己隔離免除へ | FlyTeam ニュース

ハワイ州、日本発旅行者に陰性証明書提示で自己隔離免除へ

ニュース画像 1枚目:ホノルル イメージ
ホノルル イメージ

ハワイ州は2020年10月15日(木)から、ハワイ到着後の14日間自己隔離を免除する事前検査プログラムを開始します。この開始に合わせ、アメリカ以外で初めて、日本の厚生労働省が認可する新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を承認しました。

ハワイ到着後、14日間の自己隔離免除には、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、新型コロナウイルス感染症の検査を行い、ハワイ州指定の陰性証明書を取得し、入国時に提示する必要があります。

ハワイ州保健局は現在、日本の各医療機関と協議を重ね、指定医療機関が確定次第、日本向け事前検査プログラムを開始します。日本向けの事前検査プログラムが開始されるまで、ハワイ到着後に14日間の自己隔離が必要です。

今回の方針が示されたことで、安全な交流を促進するいわゆる「トラベルバブル」が日本とハワイ間で開始されます。これにより、観光旅行でもっとも懸念される出入国時の自己隔離による休暇と仕事の兼ね合いが解消され、ハワイと日本を結ぶ定期便の再開にも弾みが付きそうです。

ハワイ州は日本政府と協力し、事前検査プログラムの充実と、日本から旅行者がハワイへ渡航しやすい環境を整備する方針です。

関連記事
メニューを開く