天草エアライン、2020年も「サンタこす割」11月1日から発売 | FlyTeam ニュース

天草エアライン、2020年も「サンタこす割」11月1日から発売

ニュース画像 1枚目:サンタこす割の基本
サンタこす割の基本

天草エアラインは2020年11月20日(金)から12月25日(金)の搭乗分を対象に、天草エアラインが運航する全路線で「サンタこす割」を設定しました。サンタクロースの衣装を着用して搭乗する人が購入できるセール運賃で、11月1日(日)9時からFAXで予約を受け付けます。

運賃は、天草/熊本線と天草/福岡線が片道3,000円、伊丹/熊本線が片道6,000円と設定されています。搭乗当日は、出発空港の搭乗手続きから到着空港の到着出口までの間、全身サンタクロースの衣装の着用が必要です。

全身サンタクロースの衣装とは、サンタ帽と、サンタの衣装上下またはワンピースの着用を指します。靴は自由です。ウェブサイトには「サンタコスプレの基本」が掲載されています。トナカイ、クリスマスツリー、プレゼント箱などをイメージした衣装やサンタエプロンのみ、また防寒コートなどでコスプレが外部からわからない場合はこの運賃を利用できません。

運賃は、搭乗手続きの際に衣装着用が確認されてからの支払いとなります。当日、サンタクロースの衣装が用意できない場合、または着用していない場合は、通常運賃となります。

期日: 2020/11/01から
関連記事
メニューを開く