エアーパーク、2021年は館内リニューアル F-4EJ改シシマルなど展示 | FlyTeam ニュース

エアーパーク、2021年は館内リニューアル F-4EJ改シシマルなど展示

ニュース画像 1枚目:浜松基地に到着したF-4EJ改 17-8440
浜松基地に到着したF-4EJ改 17-8440

航空自衛隊浜松広報館エアーパークは、2021年にリニューアルを実施する予定です。公式Twitterでその予定がコメントされています。すでに「浜松広報館展示航空機移設に関する調査」として、浜松基地に司令部を置く第1航空団が2020年11月24日(火)付けで入札手続きを進めています。

浜松基地には2020年12月1日(火)、百里基地から退役したF-4EJ改ファントム「17-8440」、通称「シシマル」が飛来しています。このファントムは世界で最後に製造された機体です。展示時には製造から運用、退役に至るまでの説明も紹介されると見られます。

この機体をエアーパーク内に展示するため、展示機の入れ替えが予定されています。第1航空団が公示した調査の入札では、8機を館外に移動し、F-4EJ改とT-4を展示する計画です。現在は館内で15機を見学できますが、新たな展示機の導入と既存機体の入れ替え後は10機となる予定です。

館内から移設する機体は、浜松基地正門のある南側格納庫のエリアにある旧ハーモエリアに並ぶ予定です。

■展示機と館外への移動予定
機種機番今後の予定
Vampire63-5571旧ハーモエリアへ移動
T-28B63-0581旧ハーモエリアへ移動
T-1A15-5825旧ハーモエリアへ移動
B-6503-3094旧ハーモエリアへ移動
T-33A71-5239旧ハーモエリアへ移動
T-6F52-0010旧ハーモエリアへ移動
S-6253-4774旧ハーモエリアへ移動
H-1991-4709旧ハーモエリアへ移動
MU-213-3209リニューアル後も展示
V-10724-4832リニューアル後も展示
T-259-5111リニューアル後も展示
F-190-8227リニューアル後も展示
F-104J76-8693リニューアル後も展示
F-86D84-8104リニューアル後も展示
F-86F02-7960リニューアル後も展示
T-466-5745新規展示機
F-4EJ改17-8440新規展示機
関連記事
メニューを開く