AIRDO、2021夏スケジュール 1日最大30往復を運航 | FlyTeam ニュース

AIRDO、2021夏スケジュール 1日最大30往復を運航

ニュース画像 1枚目:AIRDOイメージ(シグナス021さん撮影)
AIRDOイメージ(シグナス021さん撮影)

AIRDOは2021年夏スケジュールの運航計画、機材変更を決定しました。4機のボーイング767-300型機、8機のボーイング737-700型機の計12機体制で、1日最大30往復を運航します。対象は2021年3月28日(日)から10月30日(土)搭乗分です。

運航計画では、最も便数が多い羽田/新千歳線は深夜便を含め、1日最大12往復24便を運航します。深夜便の運航日は夏スケジュール期間中、157日間で1日1往復を設定しています。

このほか、羽田発着の旭川、女満別線は1日3往復6便、羽田発着の函館、帯広、釧路線、新千歳発着の仙台、神戸線は1日2往復4便、名古屋(セントレア)発着の新千歳、函館線は1日1往復2便を運航します。ただし、羽田空港を発着する女満別、帯広線、名古屋/新千歳線は一部期間で運航頻度を変更します。

機材計画は、2路線で機材を小型化し、737-700を投入します。羽田/旭川線では1日3往復のうち1往復または2往復、羽田/函館線は1日2往復のうち1日1往復で737-700を使用します。AIRDOは737-700と767-300を保有しており、737-700は144席、767-300は286~289席仕様で、提供座席数に140席ほど差があります。

■AIRDO 2021年夏スケジュール
路線運航便数備考
羽田/新千歳最大12往復24便/日深夜便未設定時は11往復24便/日
羽田/旭川3往復6便/日
羽田/函館2往復4便/日
羽田/女満別3往復6便/日3/28~5/9は2往復4便/日
羽田/帯広2往復4便/日3/28~5/9は3往復6便/日
羽田/釧路2往復4便/日
新千歳/仙台2往復4便/日
新千歳/神戸2往復4便/日
名古屋/新千歳1往復2便/日4/29~5/5、8/6~8/15は2往復4便/日
名古屋/函館1往復2便/日
最大30往復60便/日深夜便未設定時は29往復58便/日
期日: 2021/03/28 〜 2021/10/30
メニューを開く