「マイルで生活できる世界」、AMC会員の利便性UP ANA事業モデル変革

「マイルで生活できる世界」、AMC会員の利便性UP ANA事業モデル変革

ニュース画像 1枚目:ANAが目指す「マイルで生活ができる世界」イメージ
ANAが目指す「マイルで生活ができる世界」イメージ

全日空(ANA)は2021年3月26日(金)、2022年度に提供を開始する「ANAスーパーアプリ」をきっかけに、街中やデジタル市場で「マイルで生活ができる世界」を実現する計画を発表しました。ANAマイレージクラブ(AMC)会員の利便性を高め、ANAグループのビジネスモデルを変革し、航空以外の収入を拡大する取り組みです。

航空券や旅行に限らず、動産、金融、保険など、幅広い商材を取り扱うデジタル市場を作り、スマホ上の「ANAスーパーアプリ」で利用できる決済機能を進化。様々な生活シーンでマイルを積算・利用できる商品やサービスを拡大します。

これに伴い、AMCの企画・運営などを担う「ANA X」と、旅行事業を手がける「ANAセールス」の2社を再編し、プラットフォーム事業会社「ANA X」、地域創生事業会社「ANAあきんど」を立ち上げます。「ANA X」がデジタル市場を形成。ANAあきんどは、「地域でともに暮らすANAグループコンシェルジュ」約120名を国内33支店に配置。グループの資源を活かし、人の移動、物流、デジタル市場、決済機能などトータルソリューションを提案し、地域の課題解決を「リアル」にサポートします。

なお、これらの事業の開始を記念し、4月から無料で誰でもデジタル閲覧できる機内誌「翼の王国」に、地域の産品を無料で掲載する「ANA あきんど設立記念キャンペーン」も実施します。

この記事に関連するニュース
メニューを開く