IBEX、予約変更不可運賃の取消手数料を変更 50日前まで一部無料に | FlyTeam ニュース

IBEX、予約変更不可運賃の取消手数料を変更 50日前まで一部無料に

ニュース画像 1枚目:アイベックスエアラインズ イメージ(りんきゅーさん撮影)
アイベックスエアラインズ イメージ(りんきゅーさん撮影)

アイベックスエアラインズ(IBEX)は2021年3月28日(日)搭乗分から、予約変更ができない運賃の取消手数料額を変更しました。対象は、IBEX WEB1、IBEX3、IBEX WEB7、IBEX28、IBEX45の5種類です。

これまで出発時刻を基準として、「購入後から便出発時刻まで」、「出発時刻以降」の手続きのいずれかのタイミングで異なる手数料額が設定されていました。これを新規則では、出発前までを「搭乗50日前まで」と「搭乗49日前以降」の2つに区分けし、「出発時刻以降」と合わせて3段階で手数料額を設定しました。50日前までに手続きする場合に、一部取消手数料が無料化される一方、出発時刻以降のキャンセルは100%相当額が取消料として徴収されます。

航空券購入後から便出発時刻までにキャンセルした場合、これまで運賃種別により1,500円から4,000円程度、または運賃50%相当額の取消手数料がかかりました。新規則では、搭乗50日前までにキャンセルした場合、IBEX WEB7を除く4つの変更不可運賃で、取消手数料が無料になりました。ただし、払戻手数料は必要です。IBEX WEB7は旧規則では出発前までの取消手数料が4,000円でしたが、新規則では購入後はキャンセル手続きのタイミングに関わらず100%相当額が取消手数料として徴収され、値上げとなります。

49日前から出発時刻までにキャンセルする場合は、運賃種別によって、運賃の5%~100%相当の取消手数料が徴収されます。IBEX WEB1が5%、IBEX3が10%、IBEX WEB7が100%、IBEX28とIBEX45が50%相当額です。

一方、出発時刻以降にキャンセルした場合、これまで6,000円~8,000円または運賃50%相当額と設定されていた取消料が、新規則では運賃額の100%に変更されました。旅客施設使用料(PCF)を除く全額を取消手数料として徴収します。

ニュース画像 1枚目:アイベックスエアラインズ 取消手数料金額(2021/3/27搭乗分まで)
アイベックスエアラインズ 取消手数料金額(2021/3/27搭乗分まで)
ニュース画像 2枚目:アイベックスエアラインズ 取消手数料金額(2021/3/28搭乗分から)
アイベックスエアラインズ 取消手数料金額(2021/3/28搭乗分から)
期日: 2021/03/28から
メニューを開く