ANA機材計画、20機導入・退役32機 2022年3月末281機に減少 | FlyTeam ニュース

ANA機材計画、20機導入・退役32機 2022年3月末281機に減少

ニュース画像 1枚目:2021年度に日本にやってくるホヌ3号機
2021年度に日本にやってくるホヌ3号機

全日空(ANA)は2021年4月30日(金)、2021年3月期発表にあわせ、保有機材数、機材計画を明らかにしました。ANAは2020年3月末に269機保有でしたが、2021年3月期は15機減の255機、ピーチは34機から4機増の38機、ANAグループ合計で303機から10機減の293機となりました。2022年3月末には、12機減少し、281機となる予想です。

ANAは2021年3月期までの1年間、ボーイング777-300型機あるいは777-300ER型機が5機、777-200型機あるいは777-200ER型機が6機、それぞれ減少しています。2021年3月期の期初計画では777-200型機を1機、減らす計画でしたが、コロナ禍の影響から前倒しで退役を進めています。

ボーイング767-300ER型機は、貨物機を含め2020年3月期から4機減の計30機となっています。このほか、ボーイング737-500の3機は完全退役、737-700は3機を退役させました。737-700の残る5機は2022年3月期に完全退役を予定しています。2022年3月期は32機を退役させる計画です。

2022年3月期の新機材導入は、計20機です。トゥールーズで保管しているエアバスA380型機をはじめ、ボーイング787-10型を1機、787-9型を8機、受領する予定です。このほか、エアバスA320neoファミリーを10機受領する予定ですが、このうち1機はA321LRを予定しています。このA320については、ピーチ向け機材も含まれた計画とみられます。

■ANA保有機数の推移と計画
機種2020年
3月末
2021年
3月末
前年度期末差2022年3月末
機数予想
2022年
3月末計画
A380-8002231増
777-300/-300ER35305減2010減
777-200/-200ER20146減104減
777-F222
787-102231増
787-935361増438増
787-8363636
767-300/-300ER24213減273減
767-300F/-300BCF1091減
A321neo11176増225増
A321neoLR0011増
A321444
A320neo1111154増
A3203310減
737-800393939
737-700853減05減
737-50033減0
DHC-8-400242424
ANA 計26925514減
ピーチ A32034384増
ANAグループ 計30329310減28112減
※A320の10減、A320neoファミリーの増加は、ピーチとANAの区別ができないため、全てANAに入力。
この記事に関連するニュース
メニューを開く