BS-TBS噂の! 東京マガジン、羽田空港新ルートを特集

BS-TBS噂の! 東京マガジン、羽田空港新ルートを特集

ニュース画像 1枚目:羽田空港 イメージ
羽田空港 イメージ

BS-TBSは2021年5月16日(日)13時から、「噂の! 東京マガジン」の特集で導入から1年が経過した羽田空港新ルートの状況を取材します。羽田空港新ルートは、都心上空を飛ぶ航路で2020年3月末のスケジュールから導入されました。

導入までは、降下角についてパイロットからは難しい、住民からはもっと高くとの意見もありました。こうした話題を1年経って振り返ります。特に、東京オリンピック・パラリンピックの開催を前に発着枠を増やすことを目的に導入された都心ルートでしたが、コロナ禍で利用者、運航便ともに激減。そうした環境の変化も踏まえて、住民の反対意見を拾い上げつつ、現在の動向を紹介します。

羽田空港の都心ルートについては、国土交通省が「羽田新経路の固定化回避に係る技術的方策検討会」を設置して、さまざまな案を検討しています。羽田と類似する大都市に隣接する空港として、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港やラガーディア空港、パリのシャルル・ド・ゴール国際空港、ロサンゼルス国際空港、ロンドン・ヒースロー空港などを挙げ、最新の管制技術を活用した飛行方式、騒音軽減のため特殊な飛行方式、騒音軽減を目的とした管制運用などを調査しています。

期日: 2021/05/16
メニューを開く