ブルーインパルス、五輪開幕日7月23日の航路発表 東京23区巡り

ブルーインパルス、五輪開幕日7月23日の航路発表 東京23区巡り

ニュース画像 1枚目:ブルーインパルス
ブルーインパルス

航空自衛隊の第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」は2021年7月23日(金)、「東京2020オリンピック」に合わせ、東京都心を飛行します。ブルーインパルスはアクロバット飛行で知られますが、都心を航過飛行し、国立競技場付近でオリンピックシンボルを上空に描きます。

7月23日(金)前の7月20日(火)から7月22日(木)に事前訓練を予定しています。本番を含め、現段階では正確な時間は密を避けるため、発表されていません。

入間基地をリモート拠点として離発着するとみられます。航路は基地離陸後、東京23区には練馬区から南下し、東京都庁の上空を一度は通過。渋谷を通過し方向を変えながら、JR山手線に沿うような形で田町方面へ進み、そこから北東へ向かいます。荒川区上空で再び方向を変更。東京都庁のある南西へと進路を取り、杉並区などの西へ向かったのち、再び都心へ方向を変更。国立競技場の上空でオリンピックシンボルを描きます。

そののち、北上し、北区、足立区、葛飾区、江東区、港区などを巡り、23区全体を飛行します。

ニュース画像 1枚目:航空自衛隊発表の7月23日、ブルーインパルス飛行ルート
航空自衛隊発表の7月23日、ブルーインパルス飛行ルート

空自はTwitterやFacebookなどで「#空は繋がっている」と記しており、多くの人たちに感染防止に努めるよう呼びかけつつ、多くの人たちの思いを受け止め、展示飛行を披露する模様です。

※事前訓練の日程を誤って記載していました。訂正してお詫びいたします。

この記事に関連するニュース
メニューを開く