ANA、成田で顔認証技術による搭乗手続き「Face Express」運用へ

ANA、成田で顔認証技術による搭乗手続き「Face Express」運用へ

ニュース画像 1枚目:Face Express 自動手荷物預け機
Face Express 自動手荷物預け機

全日本空輸(ANA)は2021年7月19日(月)から、顔認証技術を利用した搭乗手続き「Face Exprеss」を成田発国際線で運用開始します。成田発メキシコシティ行きANA180便が対象です。成田空港の自動手荷物預け機で手続き時に顔写真を登録すると、保安検査場入口と搭乗ゲートは、搭乗券やパスポートを提示せずに、顔認証で通過できます。

国際線で顔認証技術を活用した搭乗手続き「Face Exprеss」の実証実験は4月から開始。今回は本格運用となります。顔認証技術の導入で、空港内の移動時に何度も搭乗券やパスポート提示、その受け渡しも必要なくなり、スムーズかつコロナ禍で重視される非接触な手続きが実現します。

ANA搭乗便の「Face Exprеss」対応場所は、成田空港第1旅客ターミナルビル南ウィングで、自動手荷物預け機はCゾーン、保安検査場は中央入口、搭乗ゲートは51〜57A番ゲートです。今後、対象便は順次、拡大を検討。また、羽田空港での本格導入は現在、検討が進められています。

期日: 2021/07/19から
この記事に関連するニュース
メニューを開く