岐阜基地で滑走路逸脱したP-1哨戒機、運輸安全委員会が原因調査を開始

岐阜基地で滑走路逸脱したP-1哨戒機、運輸安全委員会が原因調査を開始

ニュース画像 1枚目:P-1哨戒機 イメージ
P-1哨戒機 イメージ

国土交通省航空局は、2021年9月7日(火)に航空自衛隊岐阜基地への着陸時にP-1哨戒機「5533」が滑走路逸脱した事案を重大インシデントに認定しました。運輸安全委員会が事故原因の調査にあたります。

航空・海上・陸上自衛隊など防衛省へ納入される予定の航空機は、国土交通省航空局が試験飛行の認可を行なっています。日本国内での飛行には、耐空証明が必要ですが、例外として自衛隊や在日アメリカ軍の航空機があります。ただし、耐空証明が無い自衛隊機を含む納入前の試験飛行は、一般の試験機と同じく国土交通大臣の許可を得て飛行。このため、今回の逸脱事案は試験飛行であったため、事故調査は運輸安全委員会が担います。

重大インシデントに認定された機体は、海上自衛隊へ納入前の川崎製P-1哨戒機「5533」で、滑走路逸脱時には海上自衛隊のパイロットが操縦していました。運輸安全委員会は9月8日(水)、岐阜基地での調査を開始。停止している機体に大きな損傷は認められていません。ただし、芝生の下に埋もれている前脚、主脚は移動後、改めて確認が行われます。

メニューを開く