空飛ぶポケモン、ナッシー・ピカチュウ・ロコンをチェックだぜ!

空飛ぶポケモン、ナッシー・ピカチュウ・ロコンをチェックだぜ!

ニュース画像 1枚目:離陸するロコンジェット (JJ747✈さん 2021年12月2日撮影)
離陸するロコンジェット (JJ747✈さん 2021年12月2日撮影)

現在、ポケモンのキャラクターが描かれた飛行機が3機、活躍しています。ソラシドエアは「ナッシー」、スカイマークは「ピカチュウ」、AIRDOは「ロコン」と、ポケモンキャラクターを描いた特別塗装機を運航しています。年末年始の空港・飛行機を利用する際に、チェックしておきたいポケモンの特別塗装機を紹介します。

ソラシドエア「ナッシーリゾートin宮崎号」

ニュース画像 1枚目:ソラシドエア「ナッシーリゾートin宮崎号」 (じーく。さん 2021年4月10日撮影)
ソラシドエア「ナッシーリゾートin宮崎号」 (じーく。さん 2021年4月10日撮影)

ソラシドエアのポケモン特別塗装機には、キャラクター「ナッシー」が描かれています。ボーイング737-800型の機体記号(レジ)「JA812X」で運航されています。2020年12月から運航し、運航期間は就航から1年半の予定。特別塗装の期間は残り半年です。

デザインは、機体右側に「ナッシー」、左側は「アローラナッシー」と、左右異なるデザインが描かれています。

ニュース画像 2枚目:ナッシーリゾートin宮崎号「ナッシー」
ナッシーリゾートin宮崎号「ナッシー」
ニュース画像 3枚目:ナッシーリゾートin宮崎号「アローラナッシー」
ナッシーリゾートin宮崎号「アローラナッシー」

機内でも、「ナッシー」と「アローラナッシー」を描いたヘッドレストカバーが全席に用意されています。さらに客室乗務員はオリジナルエプロンを着用して機内サービスを実施しており、南国・宮崎の雰囲気をポケモン・キャラクターとともに楽しめます。

ニュース画像 4枚目:機内のヘッドレスト イメージ
機内のヘッドレスト イメージ

「ナッシーリゾート」号の運航スケジュールは発表されていません。ソラシドエアが定期便を運航する全10空港に乗り入れており、これまでのところ羽田/宮崎線が最も多く、羽田/熊本線、羽田/鹿児島線、羽田/長崎線、那覇/神戸線、羽田/大分線、羽田/那覇線の順で続きます。

スカイマーク「ピカチュウジェットBC」

ニュース画像 5枚目:スカイマーク「ピカチュウジェットBC」号 (シグナス021さん 2021年11月7日撮影)
スカイマーク「ピカチュウジェットBC」号 (シグナス021さん 2021年11月7日撮影)

スカイマークのポケモン特別塗装機には、ポケモンで最も有名なキャラクターの1つ、「ピカチュウ」が描かれています。ボーイング737-800型の機体記号(レジ)「JA73AB」で運航され、2021年6月に就航しました。

描かれている「ピカチュウ」は、風船と共に空を飛び、楽しげなピカチュウたちが胴体の左右にそれぞれ描かれています。

ニュース画像 6枚目:胴体後部のJA73ABレジ付近にもピカチュウ
胴体後部のJA73ABレジ付近にもピカチュウ

機内には、「ピカチュウ」を描いたヘッドレストカバーが全席に用意され、特別塗装機限定のオリジナルデザイン・キットカット、紙コップなどが提供されます。客室乗務員が着用するエプロンにも、ポケモンたちが登場。機内BGMやアナウンスも「ピカチュウ」を楽しめるように工夫されています。

ニュース画像 7枚目:スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
ニュース画像 8枚目:スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
ニュース画像 9枚目:スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
ニュース画像 10枚目:スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB
スカイマーク特別塗装機「ピカチュウジェットBC」 JA73AB

運航スケジュールは、特設サイトで前日〜翌日までの3日間分が紹介されています。最も多く投入されている路線は、羽田/那覇線で、ついで那覇/下地島線、羽田/福岡線、羽田/新千歳線と続きます。羽田と那覇を中心とした路線で投入され、スカイマークが運航する全国の空港に運航されています。

AIRDO「ロコンジェット北海道」

ニュース画像 11枚目:AIRDO「ロコンジェット北海道」号 (TIA spotterさん 2021年12月1日撮影)
AIRDO「ロコンジェット北海道」号 (TIA spotterさん 2021年12月1日撮影)
ニュース画像 12枚目:左右でデザインが異なる「ロコンジェット」 (FT51ANさん 2021年11月30日撮影)
左右でデザインが異なる「ロコンジェット」 (FT51ANさん 2021年11月30日撮影)

AIRDOのポケモン特別塗装機は、ボーイング767-300型の機体記号(レジ)「JA607A」に「ロコン」が描かれています。2021年12月1日(水)、新千歳/羽田線で就航しました。

描かれているのは、きつねポケモンの「ロコン」です。機体の左右はデザインが異なり、左側には冬の北海道をイメージさせるマイナス50度の冷気の息を吐くことができる「アローラロコン」が、右側には「ロコン」が描かれています。

機内では、シートのヘッドレストカバーは、3席並びの左右にロコンたちがくつろぐ様子、中央には覗き込むロコンたちがお出迎えをしてくれます。「ロコン」のポケモン図鑑番号にちなみ、37列目だけは、2匹のロコンたちがデザインされたヘッドレストカバーが並んでいます。また、客室乗務員はロコンが描かれたオリジナルエプロンを着用し、ロコンが描かれているオリジナル紙コップでドリンクサービスします。

ニュース画像 13枚目:ロコンのオリジナルエプロンを身につける客室乗務員
ロコンのオリジナルエプロンを身につける客室乗務員
ニュース画像 14枚目:「アローラロコン」と「ロコン」の仲良しデザインのヘッドカバー
「アローラロコン」と「ロコン」の仲良しデザインのヘッドカバー

運航スケジュールは、特設サイトで前日〜翌日までの3日間分が紹介されています。羽田発着の新千歳、函館、旭川線で主に運航するほか、帯広、釧路、女満別線にも投入されます。このうち新千歳、函館、旭川の3空港には「ロコンジェット」のフォトスタンドも設置されます。

ポケモン3機ならぶことはあるの?

さて、この3機が並ぶことはあるでしょうか?各社の就航地から可能性があるとすれば、羽田空港でしょう。ただし、スカイマークは第1ターミナル、ソラシドエアとAIRDOは第2ターミナルを利用し、駐機中に綺麗に3機が並ぶことは期待できません。それでも3機を一挙に見れるとすれば、ソラシドエア「ナッシーリゾート」号とAIRDO「ロコンジェット」の2機が駐機し、スカイマーク「ピカチュウジェット」が離陸、または着陸するという限られた環境でしょう。そんな機会に出会えたら、非常にラッキーです!

ニュース画像 15枚目:AIRDO「ロコンジェット」とスカイマーク「ピカチュウジェットBC」 がニアミス (hirohirokinさん 2021年12月1日撮影)
AIRDO「ロコンジェット」とスカイマーク「ピカチュウジェットBC」 がニアミス (hirohirokinさん 2021年12月1日撮影)
この記事に関連するニュース
メニューを開く