ドイツ空軍向け初のA321neoLR、機内改修作業へ

ドイツ空軍向け初のA321neoLR、機内改修作業へ

ニュース画像 1枚目:ルフトハンザ・テクニークの施設に到着したA321neoLR
ルフトハンザ・テクニークの施設に到着したA321neoLR

ドイツ空軍向けのエアバスA321neoLR型2機のうち、1機目がハンブルクのルフトハンザ・テクニークに到着しました。ドイツ空軍での登録は「15+10」で、民間機としては「D-APLB」が登録されています。2機目の「15+11」も数週間以内にハンブルクにフェリーされる予定です。

ドイツ空軍のA321neoLRは、部隊輸送、議会関連での輸送業務、緊急医療などさまざまな任務に対応します。ハンブルクでは、想定されている任務に対応するため、機内を改造する予定で、作業終了後の再納入は2022年後半の予定です。ドイツ空軍は、短・中距離から長距離までA321neoLRで飛行任務に対応します。

ニュース画像 1枚目:初飛行で離陸するA321neoLR
初飛行で離陸するA321neoLR

機内の改造では、内部を4つの構成とし、乗客の最大の輸送能力は136席を想定しています。集中治療が必要な患者輸送には最大6名に対応し、軽症・中等症の病気・負傷者の輸送では12名に対応します。患者輸送では、さまざまな組み合わせが可能な患者輸送ユニット(PTU)を備えます。

ドイツ空軍は部隊輸送・人員輸送・緊急医療などに対応する輸送機としてエアバスA310型を1機、A319型を3機、A321型を1機、A340型を2機、A350型を1機保有しています。このほか、グローバルエクスプレスも7機、保有しています。

ニュース画像 2枚目:A321neoLRは人員輸送や航空医療に対応
A321neoLRは人員輸送や航空医療に対応
ニュース画像 3枚目:A321neoLRは短〜長距離まで対応できる機材
A321neoLRは短〜長距離まで対応できる機材
メニューを開く