岡山航空、ホンダジェットと525サイテーション整備検査・改造の認定事業場に

岡山航空、ホンダジェットと525サイテーション整備検査・改造の認定事業場に

ニュース画像 1枚目:F.YUKIHIDEさん 2019年11月17日撮影 JA01HJ ホンダ HA-420 日本法人所有
© FlyTeam F.YUKIHIDEさん
F.YUKIHIDEさん 2019年11月17日撮影 JA01HJ ホンダ HA-420 日本法人所有

岡山航空は2021年12月23日(木)付で、国土交通省からホンダ・エアクラフト製HA-420型、テキストロン・アビエーション製525型の航空機整備検査・航空機整備改造の認定事業場の認可を取得したと発表しました。この認可取得により、岡山航空は対象のホンダジェット、525サイテーションジェットの耐空証明検査、一般的な保守、軽微な修理、小修理の実施と検査に対応できるようになりました。

岡山航空は2018年、ホンダジェットの日本国内のディーラーの丸紅エアロスペースから一般顧客向けの整備会社に選定されています。岡山航空はこれまで、ホンダジェットの国内での運航・整備・格納などの各種サービスを提供してきましたが、サービスの対象範囲が拡大します。また、テキストロン・アビエーションのセスナ・エアクラフトブランドではサイテーション、キャラバン、172などの機体で整備検査・整備改造をすでに手がけています。

メニューを開く