海南航空、初の787を受領 北京/海口線に就航へ | FlyTeam ニュース

海南航空、初の787を受領 北京/海口線に就航へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ボーイングは2013年7月4日、中国の海南航空へ初めての787をデリバリーしたと発表しました。チャールストンで製造された機体で、機体記号(レジ)は「B-2722」です。海南航空は787を10機発注しています。海南航空は北京発着で北米大陸への新路線に就航できるとコメントしています。

この787はまず、中国国内線の北京/海口線に投入し、その後に北京発着のシアトル、トロント、シカゴ線をはじめ、新たな就航地へ投入する予定です。

海南航空の787はフルフラットになるビジネスクラスが36席で、座席仕様は「2-2-2」で、エコノミーは「3-3-3」の177席。タッチスクリーンのモニター、電源が各座席に備えられています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加