カナダ空軍のグローブマスターIII、シリアの化学兵器破壊活動を支援

カナダ空軍のグローブマスターIII、シリアの化学兵器破壊活動を支援

カナダ空軍は2013年10月21日、国連の要請で化学兵器禁止機関(OPCW:Organisation for the Prohibition of Chemical Weapons)の人員と車両を、CC-177グローブマスターIIIでシリアへ空輸したと発表しました。

カナダ空軍 化学兵器禁止機関 人員 車両輸送

CC-177はオンタリオ州トレントン基地第8航空団の機体で、アメリカから提供された10両の防弾車と国連職員を、メリーランド州アンドリュース空軍基地からレバノンへ2便に分けて空輸しました。レバノンからは他の組織が車両を陸送します。

これらの車両と人員は、シリアの化学兵器を発見、破壊するために使用されます。カナダ空軍はCC-177を2007年から4機運用しています。

メニューを開く