小野寺防衛相とヘーゲル国防長官、中国に毅然と冷静に対処で一致

小野寺防衛相とヘーゲル国防長官、中国に毅然と冷静に対処で一致

防衛省は2013年11月27日、小野寺防衛相とアメリカのヘーゲル国防長官が電話会談を行ったと発表しました。会談では中国が設定した「東シナ海防空識別区」について一方的な設定は、不測の事態を招きかねない地域の安定を損ねる行為という認識で一致。さらに、小野寺防衛相は中国が設定した空域に関係なく、日本は領土、領海、領空を守るため、周辺海空域の警戒監視活動、厳正な対領空侵犯措置を実施することを説明しました。

ヘーゲル長官はアメリカはこの地域での軍事行動の態様を変えず、尖閣諸島は日米安全保障条約第5条が適用されると発言。中国には毅然、かつ冷静に対処することで両者が一致し、日米間で連携を強めていくことを確認しました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く