ANA、2014年3月末に747とQ300を退役 787-9は夏に初号機受領 | FlyTeam ニュース

ANA、2014年3月末に747とQ300を退役 787-9は夏に初号機受領

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA)は2014年夏スケジュールを発表、あわせて機材計画を公表しています。このうち、すでに発表され、退役イベントが開催されている747-400は2014年3月末で退役するほか、DHC8-300(Q300)も全機退役となります。ANAは羽田/三宅島線を撤退する意向を以前から示し、東京都などが調整していたもので、新中央航空が2014年4月2日から調布/三宅島線を開設することを受けて退役となります。

なお、新機種導入では787-9初号機を国内線仕様として2014年夏頃に受領します。2014年度末までに787-9は国内線仕様2機、国際線仕様1機を受領します。

なお、この客室仕様、投入路線は、別途発表する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加