スマートフォンアプリ「ANA」、2014年度グッドデザイン賞を受賞 | FlyTeam ニュース

スマートフォンアプリ「ANA」、2014年度グッドデザイン賞を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA)はスマートフォンアプリ「ANA」で、2014年度「グッドデザイン賞」を受賞しました。日本産業デザイン振興会が主催する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。

ANAのスマートフォンアプリは、「Simple」「Smart」「Speedy」をテーマに、搭乗者の満足度向上を目的に開発されました。AppleのPassbookに登録された情報を利用し、出発時刻、保安検査場締切までの時間の案内、出発時刻、運航状況、搭乗口変更の情報をタイムリーにPUSH通知するほか、予約、搭乗のサポート機能が強化されています。利用者は100万人以上となっています。

グッドデザイン賞は、ANAのブランドイメージを強く意識したカラーマネージメント、サービス内容、ユーザーフレンドリーなインタラクションが評価されました。また、直感的に操作できるグラフィカルユーザーインターフェース(GUI)デザインの完成度も、評価ポイントとなりました。

ANAのグッドデザイン賞受賞は、2005年度に国内線一般席「ゆったり、らくらく」新シート、2006年度に成田空港の「ANA Lounge」とableプリンター、2007年度に国内空港端末の「ゲート改札機」と「ANA SKY KIOSK」で受賞しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加