アズール・ブラジル航空、A320neoを63機導入へ 自社購入とリースで | FlyTeam ニュース

アズール・ブラジル航空、A320neoを63機導入へ 自社購入とリースで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ブラジルのアズール・ブラジル航空は2014年11月28日、A320neoを63機導入すると発表しました。このうち航空機リース会社AerCapから20機、GECASから8機の28機をリースで導入、35機を購入します。いずれも174機で装備し、エンジンはCFMインターナショナルのLEAP-1Aエンジンを装備します。この機材は2016年から2023年にかけて導入されます。

アズール・ブラジル航空はエンブラエル、ATR機を保有しており、このA320neoは機能すると説明しています。この機材は需要の多い路線や国際線に使用される予定です。

アズール・ブラジル航空 A320neo

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加