離水に失敗したUS-2が水没、引き上げを再検討 イベント展示は中止 | FlyTeam ニュース

離水に失敗したUS-2が水没、引き上げを再検討 イベント展示は中止

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:US-2救難飛行艇

US-2救難飛行艇

  • ニュース画像 2枚目:海上自衛隊のUS-2救難飛行艇

海上自衛隊岩国航空基地所属のUS-2、5号機「9905」が2015年4月28日、離水に失敗した事故で、同基地によると同機は2015年5月1日11時58分、現場海域で水没しました。事故直後から、機首を水面下にし、尾翼部分が浮いている状態でした。

海自は現在、同海域で引き続き艦艇や航空機で周囲の警戒監視を行っているほか、その引き上げについて検討しています。この機体は民間の会社が引き上げを行う予定でした。

なお、US-2は当面、飛行停止の措置がとられています。これを受け、岩国航空基地では5月3日(日・祝)に開催されるフレンドシップ・デーで当初計画していた、US-2の地上展示については、行わないことを明らかにしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加