ヴァージン・オーストラリア、7月から自社ブランドのカーゴ輸送を開始

ヴァージン・オーストラリア、7月から自社ブランドのカーゴ輸送を開始

ヴァージン・オーストラリアは2015年7月1日、ヴァージン・オーストラリア・カーゴを立ち上げました。オーストラリア国内と近距離国際線で航空貨物での市場競争を生み出すとしています。ヴァージン・オーストラリアの2017年までの中期経営戦略で、この航空貨物事業は大きな柱の1つとなっています。

これにより、ヴァージン・オーストラリアは初めて、オーストラリア発着の航空貨物で競争をもたらすとしています。今後は、旅客便の展開で示している競争力のある料金で優れたサービスを提供していくとアピールしています。また、信頼性も重要だとしており、いずれもヴァージン・オーストラリアが得意とする分野だとしています。

なお、航空貨物市場では6月30日付でトール社との契約が終了しており、トールはカンタスと提携しています。

メニューを開く