ライアンエア、エア・リンガス株をIAGに売却へ IAG提案を受け入れ | FlyTeam ニュース

ライアンエア、エア・リンガス株をIAGに売却へ IAG提案を受け入れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ヨーロッパの格安航空会社(LCC)、ライアンエアは2015年7月10日、エア・リンガス・グループの保有株29.8パーセントについて、IAGの提案を受け入れることを取締役会で全会一致で可決したと発表しました。ライアンエアのエア・リンガス保有株は、2012年5月から売却可能となっており、IAG提案はライアンエアの株主価値を最大化するとしています。

ライアンエアのマイケル・オライリーCEOは「IAGのオファーは、現在の市場で最も合理的なもので、これを受け入れる計画です。これにより、ライアンエアは過去9年間にわたるエア・リンガスへの投資はわずかながらも利益を上げることができる」とコメントしています。

また、ライアンエアはエア・リンガスへの投資を始めた2006年は、エア・リンガスの4倍の旅客数でしたが、現在では10倍の旅客数を輸送しており、これからもライアンエアがアイルランドの交通、観光の成長に大きな役割を果たすことに変わりないとしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加