ラトビアにアメリカ空軍の戦術戦闘機が初めて着陸 | FlyTeam ニュース

ラトビアにアメリカ空軍の戦術戦闘機が初めて着陸

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:史上初、ラトビアに着陸したアメリカ空軍戦術戦闘機のA-10 2機

史上初、ラトビアに着陸したアメリカ空軍戦術戦闘機のA-10 2機

ラトビアのリェルヴァーデ基地に2015年8月26日、アメリカ空軍戦術戦闘機としては初めて2機のA-10サンダーボルトIIが着陸しました。

ラトビアに初着陸したA-10は、ミズーリ州ホワイトマン空軍基地(AFB)第442戦闘航空団(442FW)第303戦闘飛行隊(303FS)の機体で、パイロットはリック・ミッチェル少佐とスヴェン・レフラー大尉でした。

ラトビアには、過去にC-130が着陸し、F-16がタッチ&ゴーした記録がありますが、戦術戦闘機の「着陸」は歴史上初めてでした。今回のA-10の訪問は、ウクライナ危機以降アメリカ軍がNATO戦力を増強する「アトランティック・レゾルブ(大西洋の決意)」作戦の一環です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加