アリク・エアがIATAに加盟-コードシェアを検討中

アリク・エアがIATAに加盟-コードシェアを検討中

ナイジェリアのアリク・エアが国際航空運送協会(IATA)に加盟しました。アリク・エアはIATAによる運航管理、整備、危機管理・保安など8分野で国際法令、安全基準に基づいた900超の安全監査基準をクリアする必要があるIOSAプログラム認証を2010年に取得。

IATAの加盟で、利用者がアリク・エアを含むIATA加盟航空会社を利用する場合に、1つの航空券を発券することで利用できるインターライン、コードシェア提携などが出来るようになります。インターラインはすでにハーン・エア、エミレーツ航空と締結。コードシェアも検討中のようです。

アリク・エアは10月上旬にB747-8インターコンチネンタル2機の確定発注を公表。B787型も発注しているアフリカで急成長する航空会社の一つ。

メニューを開く