嘉手納の353SOG、MC-130H/Jから複合艇などを空中投下 | FlyTeam ニュース

嘉手納の353SOG、MC-130H/Jから複合艇などを空中投下

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:MCADSを投下するMC-130JコマンドウII(手前)とMC-130Hコンバットタロン

MCADSを投下するMC-130JコマンドウII(手前)とMC-130Hコンバットタロン

  • ニュース画像 2枚目:MCADSで投下されるRIB(複合艇)はかなり大型
  • ニュース画像 3枚目:投下訓練前に空中給油を受けるHC-130H

アメリカ空軍嘉手納基地は、2015年9月18日に、第353特殊作戦群(353SOG)のMC-130HコンバットタロンとMC-130JコマンドウII各1機によるMCADSの空中投下訓練を実施したと発表しました。

MCADS(Maritime Craft Aerial Delivery System)は、特殊部隊が使用する複合艇(RIB : Rigid Inflatable Boat)と機材を海上へ空中投下するシステムで、C-130の貨物室から抽出パラシュートで引き出し、降下用のパラシュートで着水したらすぐに使用できる状態で降下させます。

今まで353SOGは、MC-130Hを使用して太平洋地域で唯一のMCADS使用可能な部隊でしたが、新たにMC-130Jでも可能になりました。2機種の航空機からMCADSを投下するのは初めてのことで、計画と手順の調整に数カ月を要しました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加