空自パイロット2名、ルーク空軍基地でF-35プログラムを修了 | FlyTeam ニュース

空自パイロット2名、ルーク空軍基地でF-35プログラムを修了

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ルーク空軍基地でF-35訓練プログラムを修了した空自2名のパイロット

ルーク空軍基地でF-35訓練プログラムを修了した空自2名のパイロット

ルーク空軍基地で訓練を受けていた航空自衛隊のパイロット2名が2017年5月18日(木)、F-35プログラムの課程を完了しました。空自パイロットがルーク空軍基地でのF-35の訓練を修了するのはこれが初めてです。訓練は空自、第944戦闘航空団(944 FW)、ロッキード・マーティンのチームで協力、実施されていました。

修了した2名のパイロットは、日本で初めて三沢基地に配備されるF-35A飛行隊の創隊に参加します。空自パイロットは、訓練を通じて多くの情報に接し、ジェット機や戦術の飛行方法についてアメリカ空軍の教官パイロットから多くのことを学んだとコメントしています。

訓練はおよそ7カ月間に渡り、飛行訓練の前に徹底的に教室での座学、シミュレータ訓練、F-35のオリエンテーションが行われ、実機を使った空対空、空対地の訓練が行われました。なお、944FWは対外有償軍事援助(FMS)の一環で、さらに3クラスの空自隊員向けF-35パイロット養成の訓練を実施します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加