双日と日本空港ビルデング、共同でパラオ国際空港の運営事業に参画 | FlyTeam ニュース

双日と日本空港ビルデング、共同でパラオ国際空港の運営事業に参画

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:パラオ国際空港、完成時の予想図

パラオ国際空港、完成時の予想図

双日と日本空港ビルデングは2017年8月21日(月)、両社が設立済みの中間持株会社を通じ、パラオ共和国政府と共に空港運営事業会社パラオ・インターナショナル・エアポート(Palau International Airport Corporation)を設立し、パラオ政府とパラオ国際空港の20年間の事業権譲渡契約を締結しました。双日、日本空港ビルは共同で海外での空港運営事業に初めて参画します。

パラオ共和国の旅客需要の増加に対応し、国際空港の既存ターミナルを改修・拡張し、同時に運営や維持管理を行う事業で、総事業費は約35億円の予定です。今後、パラオ政府から現物出資、事業移管を経て、2018年3月から5月ごろに空港運営、改修・拡張工事を開始します。

パラオ国際空港は、パラオで唯一の国際空港で、近年は観光客など交流人口が増加し、その重要性が高まっています。空港運営は、双日の航空産業に関する豊富な知見やネットワーク、日本空港ビルが羽田空港の旅客ターミナル運営を通じて有する品質管理等のノウハウと、それぞれの強みを持ち寄り、空港サービスの高度化、利便性の向上、商業施設の充実、エアライン・マーケティングを通じた収益力の強化を図ります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加