三沢基地、初のF-35が岩国から飛来 B-1Bもアンダーセン基地から到着 | FlyTeam ニュース

三沢基地、初のF-35が岩国から飛来 B-1Bもアンダーセン基地から到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:F-35BライトニングII

F-35BライトニングII

青森県の三沢基地で2017年9月10日(日)に開催される「三沢基地航空祭2017」で展示されるF-35BライトニングIIが9月8日(金)、到着しました。三沢基地のFacebookページでは、岩国基地に配備されているVK-02のビューロナンバー「169166」の到着が紹介されています。また、9月9日(土)にはグアム・アンダーセン基地からB-1Bランサーも到着しています。

三沢基地には航空自衛隊の通常離着陸型のF-35Aが配備される予定ですが、F-35としては異なる短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機のアメリカ海兵隊F-35Bが登場します。このほか、地上展示ではF-2戦闘機、E-2C早期警戒機、CH-47J輸送へリコプター、T-4中等練習機、B-1Bランサー、EA-18Gグラウラー、P-8Aポセイドン、F-16ファイテング・ファルコンなどが展示されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加