チャイナエア、12月以降発券分の日本発着路線で燃油サーチャージを値上げ | FlyTeam ニュース

チャイナエア、12月以降発券分の日本発着路線で燃油サーチャージを値上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

チャイナエアラインとマンダリン航空は、2017年12月1日(金)から2018年1月31日(水)の発券分で、日本発着路線の燃油サーチャージを値上げすると発表しました。

徴収する燃油サーチャージは、新千歳、成田、羽田、静岡、名古屋(セントレア)、富山、関西、広島、高松、福岡、熊本、宮崎、鹿児島の各空港と台湾間が1,500円、那覇、石垣発着の台湾間が900円です。また、成田/ホノルル線は4,000円を徴収します。なお、マンダリン航空が運航する那覇/台中線は1,200円となります。

台湾以遠は変更はなく、台湾/香港間で1,000円、台湾と中国、韓国、東南アジア、ミクロネシア間は3,000円、台湾とインド亜大陸、北米、ヨーロッパ、オセアニア間で、7,000円を徴収します。

なお、1区間片道あたりの日本発航空券は、300円の航空保険特別料金が適用されています。 詳しくは、チャイナエアラインのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/01 〜 2018/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加