ANA、12月から待ち時間の極小化に向け福岡空港に新搭乗スタイル導入 | FlyTeam ニュース

ANA、12月から待ち時間の極小化に向け福岡空港に新搭乗スタイル導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: キャンペーン

全日空(ANA)は2017年12月15日(金)、空港に到着してから搭乗するまでの流れをよりシンプルでわかりやすく、スムーズにする新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を12月19日(火)から福岡空港に導入すると発表しました。

導入は段階的に行われ、まず最初に12月19日(火)に「インライン・スクリーニング・システム」導入します。このシステムは、手荷物を預けた後、飛行機に搭載されるまでの間に自動的に手荷物の安全性検査が実施されるため、待ち時間が短縮されます。

2018年春には、からだの不自由な方や子供連れ、搭乗に際しお手伝いが必要な搭乗者向けの「Special Assistanceカウンター」を設置します。カウンター内部の床材などが車いすなどでも快適に利用できる素材になるほか、車いすのまま手続きが可能な高さの低い手続きカウンターを導入するなど、ユニバーサルデザインに配慮したサービスを提供します。

また、2018年夏には、出発カウンターのレイアウト変更とデザインがリニューアルされるほか、自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」サービスを導入する予定です。さらに2019年春には、プレミアムチェックインカウンターが室内型カウンター「ANA PREMIUM CHECK-IN」として生まれ変わり、同時期オープン予定の「ANA SUITE LOUNGE」「ANA LOUNGE」や搭乗口にも直結しているため、スムーズな利用が実現します。

詳しくは、ANAのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/19から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加