シンガポール航空、 787-10にフルフラットベッドなど新プロダクトを搭載 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空、 787-10にフルフラットベッドなど新プロダクトを搭載

ニュース画像 1枚目:787-10 ビジネスクラス
787-10 ビジネスクラス

シンガポール航空は2018年3月28日(水)、デリバリーフライト到着式典で、787-10の最初の20機に新しく搭載したプロダクトを公開しました。デリバリーフライトは、ボーイングのチャールストン工場から関西国際空港を経由し、シンガポールへ運航されました。

リージョナル路線用に導入された787-10のビジネスクラスは、フルフラットベッドにリクライニングできるようになっているほか、すべての座席が通路に面しているため、旅客は直接、通路へアクセスできるようになっています。

エコノミークラスでは、人間工学に基づいて設計されたフィットする背もたれと、6段階に調整でき折りたたみ可能なヘッドレストが装着されています。このほか、シンガポール航空の機内エンターテインメント・システム「クリスワールド」では、自身の好みにあわせ、カスタマイズして楽しむこともできます。

シンガポール航空では、787-10を49機、777-9を20機確定発注しており、2018年5月から、大阪路線でこの新型機が導入され、その後はパース路線で導入される予定となっています。詳しくは、シンガポール航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/28から
メニューを開く