オーストリア航空、運航開始から60周年 アニバーサリーブックも販売

オーストリア航空、運航開始から60周年 アニバーサリーブックも販売

ニュース画像 1枚目:ビッカース バイカウント
ビッカース バイカウント

オーストリア航空は2018年3月、運航開始から60周年を迎えました。同社の初フライトは1958年3月31日のロンドイン行き便で、ヴィッカース・アームストロングが製造した中距離ターボプロップ機「ヴィッカース バイカウント(Vickers Viscount)」の機体記号(レジ)「OE-LAD」を使用しました。

招待された搭乗者は、カクテル・レセプションや、ディナー、市内観光、またウィーンではウィーン国立歌劇場でモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」などを楽しむイベントプログラムが実施され大成功を収めるとともに、機材はイギリス製であったにも関わらず、雰囲気はオーストリアだったと、「ウィーンの微笑み」「温かいもてなし」として新聞でも評価されました。

1958年当時、4機のヴィッカース バイカウントのチャーター便で、ロンドンに加え、フランクフルト、チューリッヒ、パリ、ローマ、ワルシャワの計6都市に就航していました。60年が経過した現在は、ジェット機を82機保有し、世界の約130都市に就航しています。

同社の歴史について書かれたドイツ語限定のアニバーサリーブックは初版が売り切れ、第2版を同社のネットショップ「ジェットショップ」で販売しています。詳しくは、オーストリア航空のウェブサイトを参照ください。

メニューを開く