第七管区、5月に展示総合訓練と巡視船を一般公開 見学希望者を募集

第七管区、5月に展示総合訓練と巡視船を一般公開 見学希望者を募集

ニュース画像 1枚目:海上保安制度創設70周年記念 第七管区海上保安本部 展示総合訓練
海上保安制度創設70周年記念 第七管区海上保安本部 展示総合訓練

第七管区海上保安本部は2018年5月25日(金)と5月26日(土)の2日間、北九州市門司区西海岸と同市門司区部埼沖を会場に、「海上保安制度創設70周年記念 第七管区海上保安本部 展示総合訓練」と巡視船の一般公開を実施します。

この一般公開は「門司みなと祭」とコラボレーションし、開催を予定しています。総合訓練はヘリコプター搭載型巡視船に乗船し、訓練を見学できますが、事前の応募が必要です。また、一般公開は5月27日(日)に開催され、応募は不要です。

このうち、2日間の予定で実施される訓練は、見学希望者を5月7日(月)まで、募集しています。乗船時間は両日ともに、13時から13時30分に乗船受付、14時に出港、16時30分に入港予定となっています。同管区にはヘリコプター2機を搭載できる「やしま(PLH-22)」が所属しており、ベル412ヘリコプターを搭載しています。

参加を希望する方は、往復はがきに必要事項を明記し、第七管区海上保安本部の総務課 企画係へ郵送ください。1枚のはがきで、最大6名まで申し込みできます。募集人数は両日あわせて約1,500名で、応募者多数の場合は抽選となります。

詳しくは、第七管区のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/03/27 〜 2018/05/07
メニューを開く